外壁補修工事

フジミクレではひび割れや剥離・剥落を防ぐ外装リフレッシュ工事を行っております。営業所内展示でも紹介させていただいているエポキシ樹脂注入工法をはじめ、シール工法等お客様のお悩みに応じて最適なプランをご提案させていただきます。

工法のご紹介

Uカットシール材充填工法

コンクリートやモルタル等のひび割れを、ダイヤモンドカッター等でU字型にカッティングし、可撓性エポキシ樹脂や弾性シーリング材を充填する工法です。防水性能に優れ、ひび割れの動きにもある程度、追従します。

ホールドダウン工法

面押さえ材とアンカーボルト締め付けネジで、浮き上がりタイルを押さえ込み、平滑にした状態に戻した後、通常のタイル浮き注入工法で補修します。既存タイルを剥がさずに補修ができるため、工事中の騒音や廃材などの発生も少なく、長期間タイルの剥落を防止します。

エポキシ樹脂注入工法

コンクリートやモルタルのひび割れに、エポキシ樹脂を注入する工法です。

注入口付アンカーピンニングエポキシ樹脂注入工法

タイル表面に直接穴をあけ注入口付アンカーピンを挿入し、さらにエポキシ樹脂を注入して固定する工法です。

シール工法

コンクリートやモルタル等のひび割れを、硬質エポキシ樹脂や可撓性エポキシ樹脂等で被覆する工法です。

お見積り無料
お問い合わせはこちら

戸建て、マンションも施工可能です!
防水のことお気軽にお問い合わせください!

このサイトを共有する